ヨコスカプログラミングスクールDAY4を開講しました。

こんにちは!タイムカプセル株式会社、広報担当の伊藤です。

12月10日にヨコスカプログラミングスクールDAY4を開講いたしました!

11月はスケジュールの関係上一度も開催がありませんでしたので、約2ヶ月ぶりの講義となりました。

今回は「カメラアプリを作ろう」の講義後に最終日までに自分たちで作成する「オリジナルアプリ」のアイデア出しを行いました!

IMG_1596 2まず午前中は、「カメラアプリを作ろう」からのスタートです!

DAY4から新たに中学生が1名加わり、今回の講義は7名で行いました。

普段PCはお使いになるという今回から参加の生徒さんですが、Macは初めて。でも講義の始まる30分前に少しレクチャーをし簡単な使い方をお教えしただけですが、周りの皆さんにほとんど遅れをとることなく、「カメラアプリを作ろう」に取り組まれておられました。

さすが、若いパワーには毎回驚かされるばかりです…!素晴らしいですね。

今回作成する「カメラアプリ」は写真にスタンプを押せる機能をつけたり、編集した画像を新たにカメラロールへ保存できる機能をつけたりと、実際スマートフォンを使用している中でもよく使うカメラアプリのプログラミングを行いました。

IMG_1597DAy4になってくると、Main storyboardやViewController.swiftの使い方、関連付けの方法などもお手の物!ささーっと出来てしまう!

約2ヶ月間のスパンを感じさせない素晴らしい手さばきでした。

疑問点等があった場合は呼んでもらってサポートをさせていただくのですが、今回はほとんどサポートも必要なく、エラーも出ることなく午前中の講義が無事に終了しました。

また今回から、少し椅子やテーブルのレイアウトを変えて3人・4人の島にしてみたのですが、前回までよりもプロジェクターも見やすそうですし、しかもサポートも回りやすいことに気がつきました!

もっと早い段階で気づけばよかったですね…

少し反省です。

昼食を挟んで午後の講義をはじめました。午前中に80%ほど完成した「カメラアプリ」の完成を目指すことと、カスタマイズに挑戦しました。

スタンプを配置したり、関連付けを行なったり、コードを書き加えてたり…と約3時間でカメラアプリが完成しました!

完成したアプリを自分流にカスタマイズ!
スタンプの画像を変更してみたり、コードを少し違うものに書き換えてみたりと、各々カスタマイズを通してプログラミングを理解していました。

ある程度カスタマイズを終えると、次はいよいよ「オリジナルアプリ」のイメージ出しです。

IMG_1602ワークシートを使用して、「アプリ名」「誰が使うのか?」「どういうときに使うのか?」を書き出してもらい、アプリの画面(Main storyboardのようなもの)を手書きで大まかに記入してもらいました。

きっと、企業企画でいう「ユーザーインターフェイス」とかになりますかね。ある種の企業体験です。

30分ほどシンキングタイム!

伊藤も紙をいただき、自分流のオリジナルアプリを考えて見ました(笑)

そしてシンキングタイムが終了し、発表に移るのですが、

ここで講師の中村から無茶振りで発表の見本を伊藤が披露することに…!(笑)

なんだか想定外で恥ずかしかったですが、みなさんの前で発表させていただきました。

内容については、もしヨコスカプログラミングスクール内で伊藤も「オリジナルアプリ」を作れる時間がありましたら、ぜひ発表した内容のアプリを作らせていただきたいと思います!お楽しみに!

伊藤のつたない発表見本の後に、皆さんの「オリジナルアプリ」発表会の始まりです!

IMG_1610今回、発表してくれた内容の一部をご紹介します。

・新聞離れをしている若者向けに通勤や通学中に、紙媒体の地域密着欄を読めるようにするアプリ

・誰でも簡単にできるスライドパズルができるアプリ

・決済手段をAIが考えてくれ、一番お得に買い物ができる手助けをしてくれるアプリ

・バイトスケジュールがカレンダー上で管理ができ給与計算もしてくれるアプリ

などなど、素晴らしいアイデアがたくさん出てきました!

アイデアは皆バラバラであっても、ほとんどに共通していることは、自分の課題ベースでアイデアを出してくれたこと。

IMG_1605「誰かの課題」をイメージして考えると、意外とそれを課題と思ってる人が少ないケースがありますが、「自分の課題」としてアイデアを出せると同じような課題感を持ってる人がターゲットになりやすいので、企業企画でも成功するケースが多いですね。
皆さん本当に素晴らしいアイデアを出してくださいました!ありがとうございました!

ここで考え、発表した内容は必ず「オリジナルアプリ」として作らなくてはいけないというわけではなく、「考えてみよう!」の講義の一環です。

作成についてはまた講師の中村と話し合い、決めていければと思っております。

ヨコスカプログラミングスクールDAY4はアイデアの発表を持って終了いたしました。

今年の講義はこれにて終了で次回DAY5は来年2018年の1月14日(日)の10時〜になります。

IMG_1600今回の講義で一番印象に残っているのが、Fin Tech(金融×テクノロジー)に関して興味を持たれている生徒さんが、講師の中村と談笑していたことです。

DAY3まではあまり講義の内容以外の話をする生徒さんがいなかったのですが、こういった形で話しかけてくれたことがとても嬉しくて、パシャりとしてしまいました(笑)

なんの話でもウェルカムなので、残り少ない講義の時間の中で色々なお話ができることを楽しみにしています。

〜生徒の皆さん〜

次回お会いするのは年を開けてからですね。

追々寒くなっていく時期、風邪などひかれませんようにご自愛ください。

DAY5でお会いできるのを楽しみにしています!

以上ヨコスカプログラミングスクールDAY4のレポートでした。

Pocket