ヨコスカプログラミングスクールDAY3、開講しました!

こんにちは!

タイムカプセル株式会社、広報担当の伊藤です。

昨日29日は台風が近づく悪天候の中、6名の学生さんたちが参加してくださいました!

足元の悪い中ご参加いただき、ありがとうございました!

そして我がタイムカプセル 社へコンタクトを取ってくれたインターン生1名も迎え計7名でヨコスカプログラミングスクールDAY3スタートです^^

まず初めに、講師の中村から話題のスマホ「iPhone X」について。

「iPhone X」は今までのiPhone以上に性能が良く、ちなみ高い。。。

巷ではとても話題で注目のスマホなのでが、

実は開発者目線からするとちょっと厄介なデバイスなのです。

それはなぜか、皆さん分かりますか?

学生の皆さんも一生懸命考えています。。。

私も写真を撮りながら、必死に考えます。。。

インターン生も考えます。。。

 

答えは「画面のカタチ」なのです!

iPhone Xは上部にセンサーを取り付けているため、どうしても画面が真四角にならないのです。

このセンサーの部分に隠れてしまい、今までのアプリのデザインでは対応できない物も出て来てしまう可能性があるため

iPhone X用のデザインを別で作らなくてはならない場合があるという、とても厄介なものだったのですね。。。

でも!もちろん悪いところばかりではもちろんありません!

iPhoneで初めて生体認証機能がつけられたり、と着実にできることが増えている!素晴らしいですね。

 

IMG_1130といった、話題に触れつつ本日もプログラミングがスタートです!

本日の内容は、「戦国診断アプリを作ろう!」です。

10問の問いにYES or NOで答えていき、最終的に自分の性格にあった武将を表示させてくれるというアプリを作っていきます。

問いは全部で100問以上。その中から10問をランダムに出題し、58名用意されている中から関連度の高い武将を1名選び出すというコードを入力していきます。

「一度質問した内容は出さない」や「10問以上はカウントしない」「どの問題を出題したか覚えておく」といった細かい指示もコードに載せていき、本格的なプログラミングの作業になって来ます!

Xcodeを使って、関連付けの作業も3回目となってくるとお手の物になってくる学生さんたち!

素晴らしい吸収力です。また、初めてXcodeに触れるインターン生もさすが!初めてとは思えないほど、素晴らしい手際です。

80%程が完成した時点でお昼休憩を挟み、台風の様子を見ながら講義終了の時間の相談をしたりしました。

余談になってしまいますが、講師の中村とはなかなか一緒に会って仕事をするという機会がなく、

こういうお昼の時間を有効活用しながら、情報共有をさせてもらったり色々な相談を聞いてもらっています(笑)

こういうことやりたいんだよね〜。中村さん最近どう?なんて、お話ができる時間もとても幸せでした!
unnamed-2お昼が明けて、午後の部がスタート!

午後の部の最初に、講義中になかなか説明出来ずにいたコードの処理について説明します。

はじめに宣言をする!このコードはこういう処理をさせているよ!などなど、お昼明けの座学で眠たくなってしまうかな〜?と心配でしたが、一生懸命理解しようとする学生さんたちは本当に素晴らしい!(あくび連発のオバさんは、失格ですね。興味がないわけではないですよ!物理的にです!)

座学を挟み、残りの20%を完成に向けて取り組みます!

後半は、診断結果の画面の作成とコードの関連付けを行い、無事に完成です!

前半同様テキパキとこなしていく学生さん。

実は講義時間を全て使ってプログラミングを教えるのは今日で最後なのです!

次回からは、新たなコードを覚えてもらうためにアプリの授業を少し行い、残りの時間で最終目標である「自分でアプリを作る!」という時間に費やして行きたいと思っております。

これまで学んで来たたくさんのコードの知識を活かして、自分なりにアプリを作り上げていく!という貴重な体験をしていただきますよ〜

私も作らせてもらおうかな?(笑)

DAY3は台風が接近しており、講義進行中に警報も発令されてしまったため、15時で切り上げさせていただきました。

来月はヨコスカプログラミングスクールの開講はなく、次回は12月10日(日)にDAY4を開講します!

だんだんと難易度も上がって来て、出来ることも増えて来ている学生さんたち!

将来が楽しみです^^

以上、ヨコスカプログラミングスクールDAY3のレポートでした!

Pocket

カテゴリー TimeCapsule新聞 タグ , .