ヨコスカプログラミングスクールDAY2のレポート!

こんにちは!
タイムカプセルの伊藤です!

10月8日(日)にヨコスカプログラミングスクールDAY2を開講いたしました^^!
当日は近くの学校が運動会を開催し大盛り上がり!暖かな秋晴れの中、6名の学生たちと共に丸一日プログラミングを学びました。

私、伊藤は広報活動やサポートとしてはもとより、実は全くの非エンジニアでしてこのような講座を通して自分のスキルも上げていこう!という目的でも参加させて頂いております!
Macの簡単な使い方やXcodeの初歩的なことは教えることができるようになってきました!

まず冒頭で、DAY1でお話しする予定だったのですがPCトラブルの関係で出来ていなかった、代表取締役の相澤より若き希望に溢れた皆さんへ「スマートフォンアプリの世界」についてお話しさせて頂きました。

タイムカプセル社の概要から、アップル社・iOSのこと、これまでヒットしたアプリのこと、またこれからの時代×ICTに関して、、、
とても真剣な眼差しで耳を傾ける学生たちの姿がとても印象的でした。
興味深い話であったため、聞き入りすぎてあまり写真を撮れなかったことが一つの反省点です・・・

「スマートフォンアプリの世界」の話が終わり休憩を挟んでから、本日もプログラミング本格スタートです!

本日も前回と同様、講師は中村。サポートは伊藤の2名で進めていきました。
今回はDAY1に引き続き参加した学生とDAY2から参加の学生が半々でしたので、進行にムラが出ないように伊藤もサポート頑張りましたよ^^

午前中の講座は「楽器アプリを作ろう」です!

IMG_0060

ピアノの鍵盤の画像を挿入し、並び替え・・・

IMG_0062

配置やピアノらしくするための画像挿入も自力で行います。

どの鍵盤とどの音を繋げるのか、押した時に音がなる様にするにどうするのか、、、等
細かいところまで画像とコードの関連付けを行い、午前中の1時間程でピアノの楽器アプリの完成です!

この応用で「動物の鳴き声楽器アプリ」になったり「DJ楽器アプリ」になったりと大ヒットしたアプリへと繋げていくことができると思うと、期待と希望に胸を膨らませる学生たちでした!

お昼休憩を挟み、午後からは「タッチゲームアプリ」に挑戦です。

IMG_0064

ズラ〜っと長いコードもお手の物!さすが若い!素晴らしい学生さんです!

「タッチゲームアプリ」ではスタートの画面・実際プレイする画面・プレイ後の画面の3つの画面を関連付けていき、一連の流れにしていきます。
そこの中でプレイする前にカウントダウンの画面を入れてみよう!と細かい表示にも挑戦していきます。

マスに数字を入れる方法、数字をランダムに表示させる方法、クリアした後に最初の画面に戻るボタン、もう一度プレイするボタンを作る。

午前中に作ったアプリよりもより複雑化した作業やコードの入力ですが、立ち止まることもなく、もくもくと作業に打ち込む学生たちです。

IMG_0066

アプリが完成し、ほっと一息の学生たち。お疲れ様でした!
この「タッチゲームアプリ」も同じ様なもので大ヒットし、広告収入はウン千万!のアプリが誕生しており、コードの応用によっては高額広告収入も叩き出せるアプリである!という内容にもニヤリと耳を傾ける可愛い姿が見えました。

今回は少し駆け足で進んでしまった部分もありましたが、(ここは反省点です。)
前回の参加者はプログラミングのコツや流れを忘れずに掴んでいて、本当に2回目!?と思うほどスラスラ〜と進んでいきました。
今回から参加の学生も、少し駆け足で進んだ内容もくじけることなく、バッチリついてきてくれました!

そして毎回こういった機会に携わらせて頂いて思うことは、未来のある若い世代に少し上の私たちが教えることができる場所や接点があることはとても貴重な素晴らしい機会だな〜と思います。
私たちと違い生まれた時からスマートフォンなどのICT機器がある世の中なので、これからの可能性は無限ですよね!
今後の活動をしていく中で「プログラミング」という1つの選択肢が形成できればいいな〜なんて思います!

今回は中学・高校生に携わらせて頂いていますが、今後もっと小さな子達と接する機会も増えると嬉しいです!
相澤さんに懇願してみます^^

以上、ヨコスカプログラミングスクールDAY2のレポートでした。

次回は10月29日(日)10:00からDAY3を開講します。
まだ若干名ですが空きもありますので、ご興味ある方は是非ご参加ください!
途中参加でも、サポートさせていただきますので安心して申し込んでくださいね。

 

■目標
全6回の講座を通じて、独自のスマートフォンアプリをプログラミングできるスキルを習得し、オリジナルアプリの完成をめざそう!

■対象
横須賀市にお住いの学生(中学生、高校生、専門学生、大学生、高専に通う学生)
全6回の講座に参加できる方

■持ち物
MacBook(お持ちでない方は無償でレンタル可能)、筆記用具

■受講料
無料

■会場
神奈川県横須賀市小川町19-5 富士ビル3階(16 Startups)
http://www.16startups.com/

■募集人数
10名程度(定員を超える場合は抽選となる場合がございます)

■主催
ヨコスカバレー構想プログラミング研修ユニット
http://www.yokosuka-valley.com/

■タイムスケジュール
開場:9時30分
講義:10時から17時(1時間ほどお昼休みがございます。)

■その他
受講生は受講期間中、ヨコスカバレー参画企業からプログラミング学習のサポートや、インターンシッププログラムによる職場体験などに参加することができます。

■申し込み
下記を記載の上、メール(info@timecapsuleinc.org)にてお申し込みください。
氏名:
年齢:
連絡先(保護者の方の携帯電話):

■問い合わせ
ヨコスカバレー構想プログラミング研修ユニット(担当:相澤謙一郎)
ken@timecapsuleinc.org

Pocket

カテゴリー TimeCapsule新聞 タグ , .